家具で床を傷付けてしまうことを防止する方法

現在の住宅事情としては、室内の床面にはフローリングで施工されていることが多い傾向にあります。カーペット敷きの室内の場合では、あまり大きな問題とはなりませんが、フローリングの床面を持った室内の場合では、家具を設置する際には床面に傷が付いてしまうことが気になります。防止をするための方法はいくつもあり、比較的簡単に行うことができます。例えばある程度の重量のある家具の場合では、転倒防止効果などを兼ね備えているパッドなどを家具の脚の部分に敷くだけで、殆ど傷が付くことが無くなります。

単に床面を傷めないようにするためには、ある程度の厚みのある紙や、ゴム板などを敷きつめることもお勧めになりますが、あまりに目立ってしまうような素材を用いた場合では、景観的な観点から問題があります。

その一方で、いわゆる100円ショップなどに行った場合でも家具の脚に貼り付けるタイプの保護マットが販売されているものを目にすることができます。

このタイプのものでは、滑り止め効果を持っているものが用意されていて、予めサイズが設定されているものなので、脚の大きさに合わせて自由にカットを行ってから、貼り付けることが可能になります。

また、クッションフロアなどの床面を持った室内で、例えば食事を行うための椅子が用意されている場合では、逆に滑りやすい素材を用いたマットなどを用意して貼り付けることによって、傷を付けずに快適に家具を使用することができるようになります。

http://www.jba210.jp/
http://iica2008.sakura.ne.jp/
http://matome.naver.jp/odai/2135880132082862301

無垢のテーブルが最近こちらで話題になっています。



ウォールナットの家具情報サイトについて考えます。

目黒の家具情報ならこちらのサイトです。

一枚板のテーブルに関するアドバイスです。


Copyright (C) 2016 家具で床を傷付けてしまうことを防止する方法 All Rights Reserved.